堂本剛が明かした現在の耳の状況。突発性難聴の経験を表現の糧にするミュージシャンとしての矜持

wezzy

『音楽と人 2018年 06 月号』(音楽と人)
『音楽と人 2018年 06 月号』(音楽と人)

今月7日、NHKホールにて、堂本剛のソロプロジェクト・ENDRECHERIのライブが行われた。そのなかで、昨年6月に患った左耳の突発性難聴について話す一幕があった。 堂本剛は現在の病状について、<ドラム缶の中でガンガン鳴らされているみたいな感じ>(ニュースサイト「ORICON NEWS」より)という状況から、<ドラム缶から首は出ている。この辺(首の下)から飛んでくるような感じ>(前掲サイトより)にまでは回復したと説明。...

「堂本剛が明かした現在の耳の状況。突発性難聴の経験を表現の糧にするミュージシャンとしての矜持」のページです。デイリーニュースオンラインは、芸能カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧