新潟県知事選「選挙妨害疑惑」地元紙はもともと“書きすぎる”新聞だった

アサ芸プラス

新潟県知事選「選挙妨害疑惑」地元紙はもともと“書きすぎる”新聞だった

6月10日に投開票が行なわれた新潟県知事選挙。自民・公明が支援する花角英世氏(60)の初当選で幕を閉じた。今回、「森友・加計」問題で攻勢を強める野党が池田千賀子氏(57)を推して、国政さながらの激しい選挙戦が繰り広げられた。 その最中、地元紙の報道が波紋を広げた。それは三条地区を中心に発行されている「三條新聞」の6月6日付の記事だった。 自民党の地方支部が三条市で開催した緊急会議の様子を報じたのだが、そ...

「新潟県知事選「選挙妨害疑惑」地元紙はもともと“書きすぎる”新聞だった」のページです。デイリーニュースオンラインは、三條新聞花角英世池田千賀子新潟県知事米山隆一社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧