飲食業界が東京都の受動喫煙防止条例に悲鳴「禁煙か従業員解雇かの選択を迫るなんてあり得ない!」

デイリーニュースオンライン

飲食業界が東京都の受動喫煙防止条例に悲鳴「禁煙か従業員解雇かの選択を迫るなんてあり得ない!」

東京都が2020年のオリンピック開催を前に規制を強めようとしている「たばこ対策」が、いよいよ現実味を帯びてきた。 6月12日に都議会に提出された都独自の〈受動喫煙防止条例案〉は、小池百合子都知事が特別顧問を務める最大会派、都民ファーストの会や共産党、公明党が賛成する見通しで、このままいくと可決、成立する公算が大きい。  だが、この条例が本当に都民の暮らしを“第一(ファースト)”に考え、都民とともに議...

「飲食業界が東京都の受動喫煙防止条例に悲鳴「禁煙か従業員解雇かの選択を迫るなんてあり得ない!」」のページです。デイリーニュースオンラインは、喫煙禁煙東京都社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧