認知症になってからでは遅い!資産凍結!超便利な「民事信託」を活用しない手はない

ビジネスジャーナル

「Getty Images」より
「Getty Images」より

人生100年時代、85歳を過ぎると20%の人が、90歳になると60%以上の人が認知症になるといわれています。寿命が80歳の頃には認知症になる人はわずかでしたが、寿命が90歳になると急に認知症の人が増えることになります。  もし、あなたが認知症になった場合、あなたの所有する不動産、預貯金、株式等のすべての資産はどうなるでしょう。  認知症になると、その資産は凍結され、成年後見人を付けないと、契約の更新や不動産の...

「認知症になってからでは遅い!資産凍結!超便利な「民事信託」を活用しない手はない」のページです。デイリーニュースオンラインは、業務上横領成年後見人民事信託認知症マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧