目黒虐待死での加害者叩きに虐待サバイバーが懸念、「“親子は一緒にいるのが当然”という空気」こそ変えて

wezzy

Thinstock/Photo by moodboard
Thinstock/Photo by moodboard

東京都目黒区で起きた、船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5歳)が虐待死した事件は、国政を動かすほどに人々の心を揺さぶっている。 2018年3月2日、充分な食事や医療を受けさせてもらえなかった結愛ちゃんが、低栄養などが原因の肺炎で搬送先の病院で命を落とした。6月6日には、すでに傷害罪で起訴されていた義父の船戸雄大容疑者(33歳)が保護責任者遺棄致死の疑いで再逮捕、実母の優里容疑者(25歳)も同じ容疑で新たに逮捕さ...

「目黒虐待死での加害者叩きに虐待サバイバーが懸念、「“親子は一緒にいるのが当然”という空気」こそ変えて」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会福祉社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧