ジャパンは「こぶし」のようだった。ジョージア戦で見えたスクラムの進化。

ラグビーリパブリック

密にコミュケーションを取りながらスクラムを組んだ。(写真/松本かおり) 地力がついたと誰もが感じた。 完勝である。 だけど、快勝ではなかった。 6月23日に豊田スタジアムで日本代表とジョージア代表が戦い、28-0でサクラのジャージーが完封勝ちを手にした。 しかし前半は9-0。雨の影響はあったものの、得点機を逃すこともあった。 後半の3トライで前半のもやもやを吹き飛ばしたが、満点の試合ではなかった。 ジャパ...

「ジャパンは「こぶし」のようだった。ジョージア戦で見えたスクラムの進化。」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧