globe・KEIKOの「ひとりで外出、カラオケで歌える」という現状と、小室哲哉の認識との「ズレ」

wezzy

2018年1月19日、記者会見での小室哲哉
2018年1月19日、記者会見での小室哲哉

音楽プロデューサーの小室哲哉(59)が今年1月、「週刊文春」1月25日号(文藝春秋)で女性看護師との不倫疑惑を報じられ、翌日に行った記者会見で引退を表明してから半年が経つ。会見の場で小室哲哉は、2011年に発症したくも膜下出血の後遺症が残る妻・KEIKOの様子を明かした上で、KEIKO(45)の介護、自分自身の闘病、音楽制作に苦悩や葛藤がある中、女性看護師の存在が支えとなり甘えや依存に至ってしまったと釈明。女性看護...

「globe・KEIKOの「ひとりで外出、カラオケで歌える」という現状と、小室哲哉の認識との「ズレ」」のページです。デイリーニュースオンラインは、芸能カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧