【オウム真理教・7人同時死刑執行】賛否両論巻き起こる死刑制度について江川紹子の提言

ビジネスジャーナル

オウム真理教元代表の麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚(提供:ロイター/アフロ)
オウム真理教元代表の麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚(提供:ロイター/アフロ)

オウム真理教の教祖、麻原彰晃こと松本智津夫ら7死刑囚の刑が執行された。7人を1日で執行というのは、戦後では、1948年12月23日にA級戦犯7人が処刑されて以来の大量執行となる。  これについては、さまざまな論評がなされている。  私自身は、教祖の死刑執行については妥当だが、(1)教祖一人ではなく、かつての弟子6人を同時に執行したこと、(2)なぜこの6人を選定したのかが明らかでないこと、(3)なかには初めての再...

「【オウム真理教・7人同時死刑執行】賛否両論巻き起こる死刑制度について江川紹子の提言」のページです。デイリーニュースオンラインは、松本智津夫麻原彰晃江川紹子オウム真理教社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧