日テレ退社説まで飛び出したラルフ鈴木アナの身から出た錆

週刊実話

日本テレビ局内で『年内中には消える』といわれているのがラルフ鈴木アナ。早くて12月、遅くても来年6月の人事異動で、アナウンサー職から一般事務職に配置転換されると囁かれているのだ。すべての始まりは『週刊文春』によって報じられた『NEWS』の小山慶一郎と加藤シゲアキらが未成年女性と飲酒していた疑惑。 「日テレ『news every.』から小山を休業させ、そのまま番組降板。そしてドラマ『ゼロ一攫千金ゲーム』で主演を務...

「日テレ退社説まで飛び出したラルフ鈴木アナの身から出た錆」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧