まるで修学旅行生?W杯ドイツ代表の敗退は“プレステが原因”だって

アサ芸プラス

まるで修学旅行生?W杯ドイツ代表の敗退は“プレステが原因”だって

ロシアW杯でよもやのグループステージ敗退に終わったサッカードイツ代表だが、その原因は“夜通しのゲーム三昧”だったとして物議を醸している。 4年前のブラジル大会で圧巻のパフォーマンスを見せつけ、決勝ではリオネル・メッシを擁するアルゼンチン代表を破っての優勝を成し遂げていたドイツ代表。今大会もトニ・クロースやトーマス・ミュラー、メスト・エジルといったスーパースターを招集し、豪華なメンツで大会に臨むも、...

「まるで修学旅行生?W杯ドイツ代表の敗退は“プレステが原因”だって」のページです。デイリーニュースオンラインは、トーマス・ミュラートニ・クロースW杯ゲームサッカースポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧