華道家なのに…「高嶺の花」石原さとみの“所作”に疑問の声

アサジョ

華道家なのに…「高嶺の花」石原さとみの“所作”に疑問の声

7月11日、石原さとみ主演ドラマ「高嶺の花」(日本テレビ系)がスタートし、初回の平均視聴率は11.1%とまずまずの好発進となった。 物語は、華道の家元の長女として生まれた美人華道家・月島もも(石原)と、商店街の自転車店主の“ぷーさん”こと風間直人(銀杏BOYZ・峯田和伸)の格差恋を描いている。野島伸司氏によるオリジナル脚本だ。 この日のストーリーは、入籍して結婚式当日を迎えたももだったが、夫からいきなりドタ...

「華道家なのに…「高嶺の花」石原さとみの“所作”に疑問の声」のページです。デイリーニュースオンラインは、華道所作高嶺の花峯田和伸石原さとみエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧