ウナギ、年間2700キロ超が廃棄…一部スーパーの「ニホンウナギ」、DNA検査で相違

ビジネスジャーナル

グリーンピース・ジャパンの石原謙治氏(左)と小松原和恵氏(右)
グリーンピース・ジャパンの石原謙治氏(左)と小松原和恵氏(右)

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは6月29日、自由報道協会で記者会見を行った。小松原和恵氏(海洋生態系担当)と石原謙治氏(キャンペーナー)の両氏が登壇。同月に公表した「ウナギ流通実態の調査結果」「プラスチック海洋汚染の国内外の動向とその問題点」についてあらためて説明し、記者団からの質問に答えた。  まず、小松原氏がウナギの調査について発言。調査は昨年9月~今年1月にかけて大手小売業者18社を対象に...

「ウナギ、年間2700キロ超が廃棄…一部スーパーの「ニホンウナギ」、DNA検査で相違」のページです。デイリーニュースオンラインは、環境スーパーマーケットプラスチックウナギ社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧