今まで雨が降った統計データだから当たり外れも多い

週刊実話

今まで雨が降った統計データだから当たり外れも多い

天気予報で最も気になる“降水確率”はどう割り出されるのか、ざっくりと説明しよう。まず、明日の予想天気図があるとする。予報官は、それと似た過去の天気図を100個引っ張り出す。それらの中で実際に雨が降った回数が50回だとしたら、それを「降水確率50%」と発表するのだ。つまり、正確に言えば降水確率は予報ではなく、“過去の経験に基づく可能性”なのだ。 ちなみに降水確率は、高いほど雨量が多いというわけでもない。10%で...

「今まで雨が降った統計データだから当たり外れも多い」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧