『義母と娘のブルース』グイグイのめり込ませる演出で二桁発進! 綾瀬はるかの際立つ存在感も再確認

wezzy

TBS『義母と娘のブルース』 オフィシャルサイトより
TBS『義母と娘のブルース』 オフィシャルサイトより

7月10日に放送された連続ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)の初回平均視聴率は、11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。二桁台にのり、好調なスタートをきったといえるだろう。主人公は32歳のビジネスウーマン・岩木亜希子(綾瀬はるか)で、50歳近い子持ちサラリーマン・宮本良一(竹野内豊)と再婚して専業主婦になり、小学生の娘・みゆき(横溝菜帆)とブルースな関係を育んでいくというストーリーの『義母と...

「『義母と娘のブルース』グイグイのめり込ませる演出で二桁発進! 綾瀬はるかの際立つ存在感も再確認」のページです。デイリーニュースオンラインは、テレビ芸能ドラマカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧