差別されている女性に寄りそったはずなのに!? 働く女性の映画に見る、思わぬ落とし穴

wezzy

左:『エリン・ブロコビッチ』(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)右:『ワーキング・ガール』(20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン)
左:『エリン・ブロコビッチ』(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)右:『ワーキング・ガール』(20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン)

働く女性の映画 皆さん、働く女性の映画はお好きですか? 私はけっこうよく見ますし、この連載でも既に『サンドラの週末』をとりあげたことがあります。この映画は病気を患った労働者が置かれた厳しい状況を描いた作品でしたが、女性の仕事を扱った映画にはもうちょっと気楽なサクセスストーリーもたくさんあります。最初は下っ端で失敗ばかりしていたヒロインが、ライバルを見返し、出世をつかむ……みたいな話は、胸がスっと...

「差別されている女性に寄りそったはずなのに!? 働く女性の映画に見る、思わぬ落とし穴」のページです。デイリーニュースオンラインは、ミソジニーフェミニズムジェンダー映画カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧