贈与税の配偶者控除を受けるための要件とその注意事項を税理士が解説

相談LINE

贈与税の配偶者控除を受けるための要件とその注意事項を税理士が解説

贈与税の特例として、贈与税の配偶者控除と言われる制度があります。これは、夫婦間で居住用不動産そのものや、居住用不動産の購入資金を贈与した場合に、2,000万円まで贈与税が課税されないとする制度を言います。居住用不動産は、建物の持分などでも問題がなく、実務上は配偶者に居住用家屋の持分の一部を渡す、といった形で適用されることも多くあります。 ただし、贈与税の配偶者控除の適用を受けるためには、以下の要...

「贈与税の配偶者控除を受けるための要件とその注意事項を税理士が解説」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧