吉岡里帆、フジ新連ドラでポンコツ演技ぶり露呈…『カルテット』での才能は見る影もなし

ビジネスジャーナル

吉岡里帆
吉岡里帆

今クールの連続テレビドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)の第1話が17日、放送された。  東京都東区役所の職員になった義経えみる(吉岡里帆)は生活課に配属され、いきなり110に上る生活保護受給世帯の担当となり、その激務さに打ちひしがれ、“安定を求めて”公務員になった自分の甘さを痛感する。さらに、担当していた生活保護受給者の中年男性が自殺してしまい、ケースワーカーという仕事の厳しさに心...

「吉岡里帆、フジ新連ドラでポンコツ演技ぶり露呈…『カルテット』での才能は見る影もなし」のページです。デイリーニュースオンラインは、健康で文化的な最低限度の生活吉岡里帆カルテットエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧