秋津壽男“どっち?”の健康学「大病の前兆となるのは肩凝りか腰痛か?脳の誤認伝達で見逃す大病の初期症状」

アサ芸プラス

秋津壽男“どっち?”の健康学「大病の前兆となるのは肩凝りか腰痛か?脳の誤認伝達で見逃す大病の初期症状」

夏になって、寝苦しい日々が続きます。エアコンをかけっぱなしにして寝てしまうと、翌朝にだるさを感じることがあるでしょう。慢性的に肩凝りや腰痛などがある人にとって、寝冷えは症状を悪化させますので注意してください。 では、ここで質問です。肩凝りと腰痛により重篤な病気になる可能性があるのはどちらでしょうか。 厚生労働省の国民生活基礎調査(平成29年度版)によると、肩凝りと腰痛は男女ともトップの有訴者率で...

「秋津壽男“どっち?”の健康学「大病の前兆となるのは肩凝りか腰痛か?脳の誤認伝達で見逃す大病の初期症状」」のページです。デイリーニュースオンラインは、週刊アサヒ芸能 2018年 8/2号“どっち?”の健康学秋津壽男肩こり腰痛カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧