中国の監視社会がマジで恐すぎるレベルに到達中! 本物ソックリ“鳥型ドローン”、市民ランク付け制度で「二流市民」認定…!

トカナ

イメージ画像は、「Thinkstock」より
イメージ画像は、「Thinkstock」より

ジョージ・オーウェルが小説『1984年』で描いた監視社会の実現まで、もう時間がないかもしれない。オルタナティブメディア「Disclose.tv」の7月28日付の記事によると、中国は2020年までに最先端のデジタル技術や相互監視の仕組みなどを組み合わせ、オーウェルが描いたようなディストピアを作り上げようとしているようだ。 ■市民をランク付けする社会信用システム  市民一人ひとりを格付けして、スコアの高い者を優遇し、低...

「中国の監視社会がマジで恐すぎるレベルに到達中! 本物ソックリ“鳥型ドローン”、市民ランク付け制度で「二流市民」認定…!」のページです。デイリーニュースオンラインは、監視社会ディストピア顔認証ドローンメガネ海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧