スルガ銀行にかかわって多額損失被る客続出…預金解約を拒否、執拗な電話でノイローゼ

ビジネスジャーナル

スルガ銀行(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)
スルガ銀行(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

スルガ銀行への批判が止まらない。女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」への投資をめぐり、スルガ銀行の不正融資が発覚して数カ月が経過した。外部の第三者委員会が8月末に報告書をまとめる予定とのことだが、すでに弁護団に委任したかぼちゃの馬車オーナーは250人にまで拡大し、最大時で787人いたオーナーの実に3割に及んでいる。  スルガ銀行については、かぼちゃの馬車に関する騒動がクローズアップされがちだが、実際...

「スルガ銀行にかかわって多額損失被る客続出…預金解約を拒否、執拗な電話でノイローゼ」のページです。デイリーニュースオンラインは、スルガ銀行不正融資かぼちゃの馬車シェアハウス社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧