米ハーバード大学、入学審査でアジア系志願者に差別的な措置か…考察:東京医科大女子一律減点

ビジネスジャーナル

ハーバード大学(「Getty Images」より)
ハーバード大学(「Getty Images」より)

東京医科大学が今年2月に行った医学部医学科の一般入試で、女子受験者の得点を一律に減点し合格者数を抑えていた問題が毎日のように報じられている。同大出身の女性医師が結婚や出産で離職すれば、系列病院の医師が不足する恐れがあることが背景にあったとされるが、大学入試で点数を異常に重んじる日本の入試制度にも問題があることを指摘する声は少ない。  医学部入試というと、かなり前の事件だが、アメリカで起きたバッキ...

「米ハーバード大学、入学審査でアジア系志願者に差別的な措置か…考察:東京医科大女子一律減点」のページです。デイリーニュースオンラインは、レガシー制度バッキ訴訟東京医科大学カリフォルニア大学ハーバード大学社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧