大特集 第100回全国高校野球大会 甲子園に棲む魔物(1)

週刊実話

大特集 第100回全国高校野球大会 甲子園に棲む魔物(1)

甲子園には「魔物」が棲んでいる。その魔物は気まぐれで、残酷でもある。観戦者が球児のプレーに見入っていた時、ふと、顔をのぞかせ、その一瞬が勝敗の明暗を決めてしまう。過去99回の大会でその魔物に取りつかれた球児は、決して少なくない――。 昨夏、魔物は「史上初の快挙」を奪い去った。 8月19日、史上初の2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭が3回戦で消えた。精鋭を集めた強豪校は圧倒的な優勝候補であったが、ゲームセッ...

「大特集 第100回全国高校野球大会 甲子園に棲む魔物(1)」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧