『高嶺の花』野島伸司は脚本がどこまでヒドくても許されるか試している可能性

ビジネスジャーナル

『高嶺の花』公式サイトより
『高嶺の花』公式サイトより

石原さとみ主演の連続テレビドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)の第5話が8日に放送され、平均視聴率が前回から1.0ポイント減の8.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことがわかった。野島伸司氏が脚本を手がける同ドラマは、華道の名門に生まれ、圧倒的な才能と美貌を兼ね備えた月島もも(石原)と、お金も地位もない自転車店主・風間直人(峯田和伸)が繰り広げる「怒濤の純愛エンターテインメント」という触れ込みだ...

「『高嶺の花』野島伸司は脚本がどこまでヒドくても許されるか試している可能性」のページです。デイリーニュースオンラインは、高嶺の花峯田和伸日本テレビ石原さとみ視聴率エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧