なぜ早稲田より慶應が就職で有利なのか?地方から早慶に入学する意味はあるのか?

ビジネスジャーナル

慶應義塾大学の慶應義塾図書館・旧館(「Wikipedia」より)
慶應義塾大学の慶應義塾図書館・旧館(「Wikipedia」より)

「私学の雄」と評される早稲田大学と慶應義塾大学には、学内ヒエラルキーをはじめ学生の気質から受験の現場に至るまで、大きな変化が起きている――8月8日付記事『早稲田と慶應にトップ高校出身者が行かなくなった理由…「早慶より地方の国公立」が鮮明に』では、両大学をあらゆる角度から徹底比較した『早稲田と慶應の研究』(小学館新書)の著者でライター・編集者のオバタカズユキ氏の話をお伝えした。  オバタ氏によると、地...

「なぜ早稲田より慶應が就職で有利なのか?地方から早慶に入学する意味はあるのか?」のページです。デイリーニュースオンラインは、慶應義塾大学就職早稲田大学社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧