森喜朗氏の要請で検討のサマータイムに反対噴出…国民の健康と生活に多大なデメリット

ビジネスジャーナル

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(写真:ロイター/アフロ)
東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(写真:ロイター/アフロ)

8月7日、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長は安倍晋三首相と会談した際、全国一律でサマータイムを導入することを要請し、安倍首相は本格的に検討する考えを示した。しかし、サマータイム導入に対しては否定的な声も多数上がっている。  埼玉県熊谷市で日本の観測史上最高気温となる41.1℃を記録するなど、異常な暑さが続く今年の夏。2020年の東京五輪は7月、8月という一年で最も気温が高くなる時期に行われ...

「森喜朗氏の要請で検討のサマータイムに反対噴出…国民の健康と生活に多大なデメリット」のページです。デイリーニュースオンラインは、森喜朗会長サマータイム安倍晋三首相社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧