福島原発事故で町民の99%がいまだ町外避難の浪江町、異例の町長選が私たちに問う問題

ビジネスジャーナル

福島県浪江町長選挙
福島県浪江町長選挙

異例づくめの戦いに幕が下りた。  8月5日投開票の福島県浪江町長選挙。吉沢正巳候補(無所属新人/非営利一般社団法人「希望の牧場・ふくしま」代表)と、吉田数博候補(無所属新人/前浪江町議会議員)が一騎打ちで相まみえた。  組織力で勝る吉田氏が5231票を得て当選。吉沢氏は1282票と、4000票近く離された。この差を受けて吉沢氏の主張を「浸透しなかった」と報じたメディアもあったが、果たしてそうだろうか。  浪...

「福島原発事故で町民の99%がいまだ町外避難の浪江町、異例の町長選が私たちに問う問題」のページです。デイリーニュースオンラインは、福島県浪江町長選挙東京電力福島第一原子力発電所原発事故社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧