『かみさまは小学5年生』に見る、大人の期待に必死で答えようとする子どもの痛々しさ

wezzy

Amazon
Amazon

「子どもは空の上で親を選んで生まれてくる」「精子、卵子、胎児の頃から記憶がある」。そう主張する〈胎内記憶〉は、産婦人科医・池川明氏によって布教されているトンデモです。 さまざまなメディアで発信される胎内記憶解説には、<虐待する親や障がいも子どもが自ら選んでいる>という暴力レベルの呆れたお説も……(過去記事ご参照:ファンタジックな世界観で謳う「親子の絆」が暴力になるとき。胎内記憶の罪を医師が解き明...

「『かみさまは小学5年生』に見る、大人の期待に必死で答えようとする子どもの痛々しさ」のページです。デイリーニュースオンラインは、教育育児カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧