税務調査に抵抗して高額な追徴課税額アップ!帳簿や領収証の破棄がアダでかえって損!

ビジネスジャーナル

「Getty Images」より
「Getty Images」より

元国税局職員、さんきゅう倉田です。好きな法人は「有限会社」です。  税務調査に入っても、納税者が帳簿書類を作成しておらず、本来作成に必要である領収証や請求書といった事業取引の痕跡も処分していることがあります。そのような場合、納税者の所得を把握するのは困難です。ではどうするかというと、「推計」で課税することになります。今回は、いわゆる「推計課税」が行われた事案を紹介します。  山梨県内のある会社...

「税務調査に抵抗して高額な追徴課税額アップ!帳簿や領収証の破棄がアダでかえって損!」のページです。デイリーニュースオンラインは、領収証会計帳簿無予告調査追徴課税国税局マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧