海を渡る「故人の遺品」〜高値で売買される日本製中古〜①

週刊実話

名古屋港で鉄製の大型コンテナが倉庫に横付けされ、従業員たちが荷物の積み込み作業に追われている。コンテナの大きさは長さ約12m、横約2.5m、高さ約2.5mに及び、ぎっしり詰めれば10tに達する。重量のあるものは下に、軽量なものは上にと作業員は慣れた手つきで手際よく積み込んでいく。この船の行先はフィリピンだ。 荷物の主は不用品の買い取り、遺品整理を行う『ZERO PLUS株式会社』(愛知県豊橋市)だ。同社の荒津寛代表取締...

「海を渡る「故人の遺品」〜高値で売買される日本製中古〜①」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧