『ちびまる子ちゃん』末永く…作者没後も稼ぎ続けるアニメ作品たち

まいじつ

『ちびまる子ちゃん』末永く…作者没後も稼ぎ続けるアニメ作品たち

『ちびまる子ちゃん』で知られる漫画家のさくらももこさんが先日、乳がんのため、53歳で亡くなった。 さくらさんは1984年に漫画家デビューし、2年後に『ちびまる子ちゃん』の連載を雑誌『りぼん』でスタート。故郷の静岡県・旧清水市(現・静岡市清水区)を舞台に、自身の子ども時代をモデルに描いた同作は大ヒットを記録し、90年から92年にかけてアニメ化された。 その後、95年に再びフジテレビ系でアニメ化され、現在も続く...

「『ちびまる子ちゃん』末永く…作者没後も稼ぎ続けるアニメ作品たち」のページです。デイリーニュースオンラインは、ちびまる子ちゃんアンパンマンサザエさんドラえもんアニメカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧