『過保護のカホコ』SPのラストシーンに「気持ち悪い…」とドン引きの声

まいじつ

(C)まいじつ
(C)まいじつ

9月19日にスペシャルドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)が放送された。通常のドラマ版で好評を博し、スペシャルで1年ぶりのドラマ放送が実現したが、ドラマ終盤のシーンで高畑充希が演じたシーンが「フィクションといえどあり得ない」とクレームが飛び交う展開となった。 スペシャルでは結婚した加穂子(高畑)が父・根本正高(時任三郎)や母・泉(黒木瞳)のもとから旅立ち、麦野初(竹内涼真)と結婚生活を送る姿が...

「『過保護のカホコ』SPのラストシーンに「気持ち悪い…」とドン引きの声」のページです。デイリーニュースオンラインは、過保護のカホコ竹内涼真高畑充希エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧