【炎上】三億円事件の犯人と名乗る男 / 偽者と断定「出版関係者で小説家としては平凡」

バズプラス

【炎上】三億円事件の犯人と名乗る男 / 偽者と断定「出版関係者で小説家としては平凡」

1968年12月10日(火曜日)に東京都府中市で発生した三億円事件は、その時代に生まれていなかった人も知っているほど伝説的な事件である。東芝スタッフのボーナスを積んだ自動車を偽者の白バイ警察官が停止させ、現金三億円を盗んだのである。 ・事件の真相を小説のような表現で暴露 この事件は2018年現在も解決しておらず、すでに時効も1975年に成立しており、もはや犯人が現れても逮捕される可能性はない。 そんななか、インター...

「【炎上】三億円事件の犯人と名乗る男 / 偽者と断定「出版関係者で小説家としては平凡」」のページです。デイリーニュースオンラインは、三億円事件犯人カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧