「社外取締役」制度の矛盾と、「日本は女性取締役が少ない」問題の真相

wezzy

「所有と経営の分離」を唱えたことで知られるバーリ=ミーンズの名著『現代株式会社と私有財産』(訳:森杲、北海道大学出版会)
「所有と経営の分離」を唱えたことで知られるバーリ=ミーンズの名著『現代株式会社と私有財産』(訳:森杲、北海道大学出版会)

2018年9月16日付「日本経済新聞」は「女性の社外取締役の数が伸び悩んでいる」と報じた。 東京証券取引所1部上場企業(約2100社)に在任する女性社外取締役は651人と、前年の552人から99人増えたものの、社外取締役全体に占める比率は11.6%と、わずか1ポイントの上昇にとどまっていると伝えている。 企業の社外取締役の多くは、他社の取締役、弁護士などの法曹関係者、大学教員、官庁出身者などから選ばれる。 ところが、そ...

「「社外取締役」制度の矛盾と、「日本は女性取締役が少ない」問題の真相」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会お金ビジネス経済マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧