不動産投資家が節税対策として法人化を検討する場合の3つの手法を解説

相談LINE

不動産投資家が節税対策として法人化を検討する場合の3つの手法を解説

不動産投資を行う場合、いずれはその投資事業を法人で行う法人化を検討する時期がきます。減価償却費の負担を除き、不動産投資は利益がでやすい事業ですので、その事業から生じる税金を節約するために、規模がある程度になった段階で、法人化することが必要になります。 ■法人化が節税対策になる理由と3つの手法 法人化をしてその法人の役員に自分や家族が就任すれば、家族に不動産投資の利益を分散させることができます。個人...

「不動産投資家が節税対策として法人化を検討する場合の3つの手法を解説」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧