西武影のMVP 山賊打線を編成した鉄道マンと阪神・金本監督

週刊実話

西武ライオンズ、'08年以来のリーグ優勝―。勝因は色々とある。だが、「影のMVP」と呼ばれているのが鉄道マンと、阪神・金本知憲監督なのだ。 去る9月29日、4番の山川穂高(26)をはじめ、西武ナインは「絶対優勝」と意気込んでホーム最終戦に臨んだが、リーグ優勝は札幌遠征に持ち越しとなった。同日の打線は散発7安打、1得点しか挙げられなかった。好機で「あと1本」が出なかったのが敗因だが、見方を変えれば、今季の勝因を再...

「西武影のMVP 山賊打線を編成した鉄道マンと阪神・金本監督」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧