従業員への社宅無償貸与等の経済的利益の中で間違えがちな永年勤続者の旅行券

相談LINE

従業員への社宅無償貸与等の経済的利益の中で間違えがちな永年勤続者の旅行券

会社が従業員に対して、社宅を無償で貸与したり、無償でお金を貸したりする場合、会社は従業員に対して経済的な利益を供与したと言われます。これらの場合、お金はもらっていませんが、お金ではない経済的なメリットをもらっていることは間違いありません。これが経済的利益であり、その経済的利益は給与として従業員に課税されます。ただし、あらゆる経済的利益に給与課税すると実情に合わないこともありますので、経済的利益...

「従業員への社宅無償貸与等の経済的利益の中で間違えがちな永年勤続者の旅行券」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧