築地市場のネズミ1万匹が近所の医療機関に向かったら…

週刊実話

築地市場のネズミ1万匹が近所の医療機関に向かったら…

東京五輪が開催される2020年はネズミ年だが、このままでは“ネズミ五輪”と揶揄されかねないほど、東京のネズミ問題が深刻化しそうだ。 「日本の台所」とも称される築地市場(東京・中央区)が10月6日で営業を終え、83年の歴史を閉じた。豊洲市場(江東区)への移転とともに、築地市場では11日から解体工事が始まったが、市場に暮らすネズミの問題が浮上している。 「解体に伴うアスベスト(石綿)の飛散については、技術的にクリアで...

「築地市場のネズミ1万匹が近所の医療機関に向かったら…」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧