税務調査でみんなが見落とす重要ルール…確定申告で収入を少なく記載→7年分も巨額追徴課税

ビジネスジャーナル

「Getty Images」より
「Getty Images」より

元国税局職員、さんきゅう倉田です。好きな調査期間は「7年」です。  税務調査が「いつ来て」「どんなことをするのか」という疑問は、事業経験の少ない経営者や個人事業主なら、当然のように持っていると思います。しかし、もう一歩踏み込むと、疑問に思うことすらない、“重要なルール”があります。  それが「何年分調査をするのか」です。1回の税務調査で、1年分の帳簿を見るのではなく3年分を見れば、単純計算で追徴税額...

「税務調査でみんなが見落とす重要ルール…確定申告で収入を少なく記載→7年分も巨額追徴課税」のページです。デイリーニュースオンラインは、重加算税税務調査国税局確定申告マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧