早大に入る前から、早大が負けるのが悔しかった。丸尾崇真、自力で日本一へ。

ラグビーリパブリック

本当につらいのは自分ではないのだろうが、自分がつらいのも間違いない。早大ラグビー部2年の丸尾崇真は、入学する前からかような感覚を味わっている。 早稲田実業学校の初等部時代、ふたつ上の兄の隆大郎(早大4年)に付いて川崎ラグビースクールへ訪問。そこで楕円球と出会った。 休みの日には、東京の秩父宮ラグビー場で試合を観た。 当時の早大は、後の日本代表の軸である五郎丸歩らを擁し常に優勝争いをしていた。少年...

「早大に入る前から、早大が負けるのが悔しかった。丸尾崇真、自力で日本一へ。」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧