悲劇の聖女・井上内親王の伝説。謀略と裏切り、理不尽な死からまさかの結末!?

Japaaan

悲劇の聖女・井上内親王の伝説。謀略と裏切り、理不尽な死からまさかの結末!?

古今東西、怨みをもって亡くなった方が「化けて出る」のはよくある話。 河鍋暁斎「幽霊図」明治三1872年 さて、今回紹介するのは聖武天皇の第一皇女・井上内親王(いのえないしんのう)。幼くして神に仕えた少女は、やがて朝廷での権力争いに巻き込まれていくのですが、その数奇な人生をたどってみましょう。 ※以下、本来であれば周囲の状況によって呼び名も変わっていくのですが、ここでは「井上内親王」で統一します。 幼く...

「悲劇の聖女・井上内親王の伝説。謀略と裏切り、理不尽な死からまさかの結末!?」のページです。デイリーニュースオンラインは、光仁天皇井上内親王奈良時代伊勢神宮皇室カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧