単身赴任の楽しみはやはりお酒?江戸時代の参勤交代での暮らしはどんなものだったの?

Japaaan

単身赴任の楽しみはやはりお酒?江戸時代の参勤交代での暮らしはどんなものだったの?

寛政12年(1635)の武家諸法度で、制度化された参勤交代。大半の大名が1年交代で、江戸と国許(くにもと)を往復していました。中には、半年交代や不定期の交代もあったそう。 キツすぎてお殿様が死亡!?超ブラックな江戸時代の参勤交代のリアル 参勤交代にかかる費用は相当なものでした 大名の所在が国許であれ江戸であれ、正室や嫡子は江戸に住むことが決められていました。大名行列の人数は、150~300人が一般的でしたが...

「単身赴任の楽しみはやはりお酒?江戸時代の参勤交代での暮らしはどんなものだったの?」のページです。デイリーニュースオンラインは、江戸時代参勤交代カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧