西川口、チャイナタウン通り越し本物の中国化…定員も客も中国人のみの超レア料理店が密集

ビジネスジャーナル

西川口の中華料理店「鴻運樓」の外観
西川口の中華料理店「鴻運樓」の外観

日本にあるチャイナタウンといえば、横浜中華街、神戸南京町などが有名だ。横浜中華街の成り立ちは1859年、横浜港の開港時にさかのぼる。神戸南京町も、68年に神戸港が開港した際の外国人用居留地が始まりとされる。  ところが、現代の日本、それも首都圏で、ここ10年ほどのうちにチャイナタウンへと変貌した街がある。埼玉県川口市北西部に位置するJR西川口駅周辺、通称「西川口」だ。最近、話題を集めているのでご存じの人...

「西川口、チャイナタウン通り越し本物の中国化…定員も客も中国人のみの超レア料理店が密集」のページです。デイリーニュースオンラインは、チャイナタウン中華料理風俗店西川口カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧