世界聖書協会トップが断言「2021年に地球“最終章”に突入、2028年にキリスト再降臨」中東戦争で世界破滅へ!

トカナ

イメージ画像は、「Wikipedia」より
イメージ画像は、「Wikipedia」より

東京五輪が終わった後の世界はどうなるのか? ある聖書研究家によれば、2021年から世界の“終わりのはじまり”に突入し、2028年にキリストが再臨するという。 ■牧師「2021年は“終りのはじまり”」  日本のみならず世界各地で地震や津波、ハリケーン、洪水などの大規模な自然災害が相次いでいる。もはや“世も末”なのではないかという思いもよぎるかもしれないが、ある説によれば本格的にこの世の“終わりのはじまり”に突入する...

「世界聖書協会トップが断言「2021年に地球“最終章”に突入、2028年にキリスト再降臨」中東戦争で世界破滅へ!」のページです。デイリーニュースオンラインは、携挙大艱難時代世界最終戦争ハルマゲドンキリストカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧