法大のウォーカー アレックス拓也が、海外で酪農とラグビーを両立したわけ。

ラグビーリパブリック

他者と違う道を歩む。言うは易く行うは難しのそんな人生設計を、ウォーカー アレックス拓也は具現化したいという。  法大ラグビー部で3年目を迎えた今春から夏の終わりにかけ、単身でニュージーランドはカンタベリー地方へ留学。知人を介してつながりのできたイングランドの複数クラブに、今後のプレー映像を送付予定。卒業後のプロ契約を目指す。「スキルももちろんそうですが、社会人に混ざってトレーニングしたことで身体...

「法大のウォーカー アレックス拓也が、海外で酪農とラグビーを両立したわけ。」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧