「平成日本シリーズ史」ヤクルトの“野村ID野球”がイチローを封じ込めた!

アサ芸プラス

「平成日本シリーズ史」ヤクルトの“野村ID野球”がイチローを封じ込めた!

1995年の日本シリーズは、セ・リーグ王者のヤクルトスワローズ対パ・リーグ王者のオリックス・ブルーウェーブ(当時)=現・オリックス・バファローズ=という顔合わせとなった。ヤクルトの監督は名将・野村克也。対するオリックスは策士・仰木彬。そのため、シリーズ前からマスコミがこぞって“野村ID野球対仰木マジックの戦い”と大々的に宣伝。また、両監督もシリーズ開幕前からマスコミや監督会議を通して舌戦という名の心理...

「「平成日本シリーズ史」ヤクルトの“野村ID野球”がイチローを封じ込めた!」のページです。デイリーニュースオンラインは、仰木彬オリックスイチロー日本シリーズヤクルトスポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧