1万年前の暮らしを続ける「ハッザ族」の写真が超カッコイイ! 捕獲したヒヒを八つ裂き、究極ワイルドライフの実態とは!?

トカナ

※イメージ画像は、「Getty Images」より
※イメージ画像は、「Getty Images」より

東アフリカ・タンザニアのエヤシ湖周辺で1万年前と変わらぬ狩猟採集生活を送る少数民族「ハッザ族」の暮らしぶりを捉えた新たな写真が話題を呼んでいる。 【その他の画像はコチラ→https://tocana.jp/2018/11/post_18636_entry.html】 ■現存する狩猟採集民族“ハッザ族”  農耕社会の起源については諸説あるが、それ以前の我々の先祖は長い間、おしなべて狩猟採集生活を営んでいた。健康的な食生活という観点から狩猟採集時代...

「1万年前の暮らしを続ける「ハッザ族」の写真が超カッコイイ! 捕獲したヒヒを八つ裂き、究極ワイルドライフの実態とは!?」のページです。デイリーニュースオンラインは、ハッザ族少数民族ハンター狩猟採集仲田しんじ海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧