“世界の王”の激励も力に?台湾代表が侍ジャパンを撃破

リアルライブ

“世界の王”の激励も力に?台湾代表が侍ジャパンを撃破

7日に行われた「ENEOS侍ジャパンシリーズ2018」日本対台湾戦。9日から開幕する「2018日米野球」に臨む侍ジャパンの壮行試合として行われたこの一戦だが、勝利を掴んだのは台湾代表だった。 台湾は先発江辰晏(統一ライオンズ)が3回無失点と結果を残すと、2番手の施子謙(統一)も2回無失点と好投。4番・山川穂高(埼玉西武)をはじめとした日本の強力打線に、5回裏まで1本のヒットも打たせなかった。 一方の打線は、両軍「0‐0」で...

「“世界の王”の激励も力に?台湾代表が侍ジャパンを撃破」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧