安倍政権、絶対的安泰状態へ…野党、統一会派結成を断念、政権奪還の意志すらなし

ビジネスジャーナル

安倍晋三首相(写真:日刊現代/アフロ)
安倍晋三首相(写真:日刊現代/アフロ)

9月に行われた国民民主党の代表選投票日当日、再選された玉木雄一郎代表は記者会見で「臨時国会までに、協力できる党、会派に、統一会派を呼びかけたい」と意気込んだ。  実際、10月24日の臨時国会開会直前まで、その努力は続けられた。10月16日夜には、立憲民主党、国民民主党、共産党、自由党、社民党、衆院会派「無所属の会」のトップが揃って会食。玉木氏は共産を除く3党1会派に統一会派を打診。まず、これに応じる姿勢を...

「安倍政権、絶対的安泰状態へ…野党、統一会派結成を断念、政権奪還の意志すらなし」のページです。デイリーニュースオンラインは、国民民主党立憲民主党枝野幸男社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧