『まんぷく』の松坂慶子、「毒親」批判乗り越え“ぶしむす萌え”が話題に

リアルライブ

『まんぷく』の松坂慶子、「毒親」批判乗り越え“ぶしむす萌え”が話題に

NHK連続テレビ小説『まんぷく』の第33話が7日に放送され、平均視聴率が22.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが分かった。同作品はインスタントラーメンを開発した日清食品創業者の安藤百福夫妻がモデルで、安藤サクラが主演を務めている。 現在放送されている第6週「お塩を作るんですか!?」では、萬平(長谷川博己)が海沿いの工場で製塩業を営むことを決意。大量生産のための工程を整え、住み込みで働く若い男たちを...

「『まんぷく』の松坂慶子、「毒親」批判乗り越え“ぶしむす萌え”が話題に」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧