“接待・オブ・ザ・イヤー”と揶揄されるほど地に落ちた『カー・オブ・ザ・イヤー』

週刊実話

『2018−2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー』の最終選考に進む上位10台が、11月7日に決定した。 今回選ばれた10台の中から自動車評論家、ジャーナリストなど60名の選考委員が投票を行い、12月7日に予定されている最終選考会で“今年の1台”が決定される。 10ベストカーは以下の通りだ。《スバル・フォレスター/トヨタ・カローラスポーツ/トヨタ・クラウン/ホンダ・CLARITY PHEV/マツダ・CX-8/三菱・エクリプスクロス/アルファロ...

「“接待・オブ・ザ・イヤー”と揶揄されるほど地に落ちた『カー・オブ・ザ・イヤー』」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧